お知らせ

<<  写真部  >>

 

写真部です。主な活動は、校内の記録写真の撮影と高文祭や中央祭(松山中央高校での文化祭)への出品です。厳しい部活動ではなく、中学校からの経験者もほとんどいません。

デジタルカメラとフイルム(黒白)カメラを駆使して、楽しく、ぼちぼちと撮影しています。いろんな所に出没します。卒業アルバムの行事撮影の一部も担っています。

暗室も完備されていて、フイルムカメラでは、自分の撮った写真を自分で現像できる喜びに浸れます。未体験の皆さんも、ぜひ、体験してみてください。

 



 

<<今年度の活動>>

 

8/18 写真部活動報告  第3回高文連主催写真教室

 

大洲の臥龍山荘周辺で写真教室が行われました。100名を超える写真部員が猛暑の中集まり、

モデル撮影についてレクチャーがありました。

撮影会終了後五郎のひまわり畑に行って、撮影をしました。

 

 


 

8/13に行われた松山中央高校吹奏楽部定期演奏会「サウンドトレイン」のリハーサル風景を吹奏楽部のご協力により撮影させていただきました。

リハーサルとはいえ会場には張り詰めた緊張感があり、時には顧問の先生より厳しい言葉が飛び交う中、吹奏楽部の生徒たちの真剣な姿に心打たれました。

 

 

 


 

第43回全国高等学校総合文化祭2019さが総文 

佐賀県で行われた高文祭写真部門に愛媛代表として参加してきました。

各県代表の作品が一堂に展示された写真展を見学し、そのレベルの高さに驚嘆しました。

また、講演会では東京工芸大学写真学科の勝倉先生のご講演があり、写真加工についてのとても興味深い内容でした。

撮影会は有田焼の産地である有田町にて実施され、地元の方の温かいおもてなしや有田焼についての話を伺い、多くの写真も撮影させていただきました。

また大会の合間に武雄市の美しい図書館や大魚神社の海中鳥居なども撮影しました。

充実した4日間を過ごさせていただきました。

 

 

 


 

高校野球愛媛大会開会式  

7/13 高校野球愛媛大会開会式が坊ちゃんスタジアムで行われました。

開始10分前から突然の雨で、10分ほど遅れて雨の中での開会式になりました。

各校の行進はなく、挨拶も大変短く30分程度で終了しました。

 


 

写真甲子園四国ブロック審査会に参加しました。

6/8 写真甲子園2019四国ブロック審査会 本日愛媛新聞社1階ホールにて写真甲子園2019四国ブロック審査会が行われました。本校以外は写真甲子園の常連校で、全国でしのぎをけずる強豪校ばかりです。代表は香川県観音寺第一高等学校「5分間の夢飛行」で技術、構成、意欲とどれをとっても納得のいくものでした。改めて写真の難しさや奥深さ、と同時におもしろさも実感しました。 審査員長の立木先生の慧眼には本当に驚かされました。厳しくもあり優しさも感じられるご指導に勉強させられることがたくさんあり、また来年も挑戦したいとと思わされました。 3年生はこれで引退です。最後に挨拶をして解散となりました。さあ、これからは受験です。自分の夢に向かってがんばりなさい。

 

 


4月25日~26日愛媛県青少年センターにて1泊2日で技能講習会に参加しました。主に1、2年生中心の初心者のための講習会で、カメラの使い方から実地での撮影までプロの写真家の方が講師となり指導していただけます。他校生との交流会やミニコンテストもあり、他校の活動の様子や写真のレベルなども知ることが出来て、とても有意義な講習会でした。

 

 


 

2019写真甲子園四国ブロック審査会への出場が決まりました。四国4県の中で5校のみ選ばれ、8枚の組写真についてのプレゼンを行います。当日は写真家の立木義浩さんが審査に立ち会い、1校のみが8月に北海道東川町で行われる写真甲子園全国大会に出場できます。四国ブロック審査会は6月8日に愛媛新聞社1階ロビーにて行われ、その場で全国大会出場校が決定します。本校は四国ブロック審査会への参加は初めてですが、3年生にとっては写真部員として最後の挑戦となり、負ければここで引退となります。精一杯頑張ります。

タイトル「未来への不安」

 

 


5/12 重信川水防総合演習に記録係として写真部が参加しました。

かなり大がかりな演習で災害時における救助や救護、土嚢作りやライフラインの確保、炊き出しなど数々の演習が行われました。写真部員も3時間の演習中フルタイムで動き回り撮影をしました。撮影された写真は経過速報でホームページにアップされたり、マスコミにも使われるとのことで、1時間おきに本部にSDカードを渡し、また新しいカードで撮影という繰り返しでした。日中はかなり暑く、大変だったのですが、部員たちはまったく弱音を吐かずむしろ楽しそうに撮影していました。

その後愛媛新聞社から今回の「SHIGENOBU」写真展の取材を受け、その後、写真展の後片付けをして帰りました。1年生は全てが初めてのことで、驚きの連続だっただろうと思いますが、それでも必死に食らいついて被写体を追いかけている姿が頼もしく感じられました。

 

 

 


4/29 高文連第1回写真教室に参加しました。

毎年この時期に行われる高文連主催の写真教室が宇和町のれんげ祭り会場で行われました。たくさんの親子連れが訪れ、さまざまなイベントが行われるため撮影には好条件です。本校写真部員も積極的に親子連れや露店のお兄さんに声かけして、撮影をしていました。

 

 

 


4/27 写真部新入生野外撮影レクチャー

今年は7名の新入生を迎え、松前町のひょこたん池公園と塩屋海岸にて野外撮影のレクチャーを行いました。昨日先輩たちが作った写真についてのさまざまなスライドショーでレクチャーを受け、今日はいよいよ郊外にて撮影です。

初めてカメラに触る新入部員たちもいるなか、先輩たちが指導しています。

29日は高文連写真教室のため宇和町のれんげ祭りに参加します。5月12日には国土交通省主催の重信川総合水防演習の記録係や写真展示という大役を承り、また3年生は写真甲子園に出品するための作品制作もあり、これから部員たちは大忙しです。

 

 

 



<平成30年度活動>

 

2/28 卒業式予行風景点描  -写真部監修-

第30回松山中央高等学校卒業式の予行演習が行われました。

予行ならではの写真を写真部員たちと撮影しました。

 

 


 

第22回重信川フォーラムに参加しました。

国土交通省松山河川国道事務所の主催する「重信川フォーラム」に写真部が参加し発表しました。

フォーラムでは小学校から大学までさまざまな重信川の自然や環境に関する研究発表が行われ、

その中で本校写真部も昨年行った「SHIGENOBU」写真展の発表をプレゼンしました。

  

 

 


 
平成30年高文連写真展表彰式

2月3日に高文連写真展の表彰式が県美術館であり、本校写真部員も3名が入賞しました。

表彰の後審査員の東京工芸大学の勝倉 崚太 准教授より講評をいただきました。

  

 

 


 

愛媛高文連写真展

1月29日から愛媛高文連写真展が愛媛県美術館南館2階にて2月3日まで開催されます。

本校写真部も7作品出品して、その中の3作品が入賞しました。

今日はその会場設営のためお昼から美術館で写真の搬入と会場準備をしました。

 

 


 

愛媛県高文連写真展で入賞しました。

先週行われた第31回愛媛県高等学校文化連盟写真展審査会で3名が入賞しました。

1月30日~2月3日まで愛媛県美術館南館の3階で展示しています。

その他の部員の作品も力作ばかりですので是非お越し下さい。

「紅(くれない)の疾走」 奨励賞 2年5組 向井 琴未

 

「眼差し」 専門部賞 1年7組 はざ田 朝妃

 

「COLOR STREET」 専門部賞 1年6組 友澤 健成 

 

 


 

2018高文祭写真展 本校写真部全国大会出場決定!

昨日愛媛県美術館南館で行われた愛媛県高等学校文化祭写真展県審査において本校写真部の1年生2名が受賞しました。

優秀賞を受賞した1名は来年8月の全国高等学校文化祭に出場することが決定しました。

 

「匠」 1年 はざ田朝妃 優秀賞

 

 

「歴史の中の今」1年 関谷真由 奨励賞

 

 


 

11/10 小田深山に紅葉の撮影に行きました。

紅葉はかなり進んでいて終わりに近かったのですが、所々美しい景色がありました。

銀杏の撮影をしていると、地元のおばさんがいろいろと説明してくださり一緒に記念写真を撮りました。

 


 

10/21に菊間町の加茂神社で催されるお供馬の撮影に行ってきました。

正装した馬に鞍が置かれ、その上に友禅模様のふとんが敷かれます。その馬に平袖の長襦袢をつけ、えびぞめのたすきを十文字にかけた少年がまたがり、約300mの参道を一気に駆け抜けます。
人馬一体となったその姿は、美しく迫力があります。

 

 


 

10/12 中間考査終わりの午後。五十崎の天神産紙と中山町佐礼谷の黄色い丘に行ってきました。

天神産紙では昔ながらの製法で50年以上この仕事に携わっていらっしゃる職人さんを撮影させていただきました。

佐礼谷の黄色い丘ではフジバカマの花にアサギマダラが数十匹来ていました。

 

 


 

 

9月15日(土)に久万高原町ふるさと村にて写真教室があり参加しました。

途中で雨が降る生憎の天気でしたが、彼岸花や麦穂など秋の到来を感じられるさまざまな自然を撮影してきました。

その後で窪野町の彼岸花群生地に寄り道して、鮮やかに咲く彼岸花を撮影しました。

 


 

東温市観月祭の花火撮影に行ってきました。浴衣姿の部員と花火を写真に収めてみました。

花火撮影はなかなか難しかった。

 


 

8月19日、高文連主催の写真教室が内子町で行われました。

今回は浴衣姿の高校生がモデルになって撮影会を行いました。

県下100名ほどの写真部員が集まり、内子町の町並みや内子座などで撮影を行いました。

町並みでは以前撮影でお世話になった竹職人の武智さんを撮影させていただきました。

そのあと、大洲のフラワーパークに咲いている向日葵の撮影に行きました。

 


 

吹奏楽部の定期演奏会「サウンドトレイン」のリハーサル風景の撮影に行ってきました。

様々な趣向を凝らし、観客を楽しませるためのエンターテイメント性をとても感じました。

そのための緻密な打ち合わせをしている生徒たちの様子は真剣そのものでした。

また、3年生にとっては最後のサウンドトレインということもあり、後輩たちにとっても感慨深いものがあったのではないでしょうか。

 


 

8月12日、毎年恒例になっている野球サンバの撮影に行ってきました。今年は猛暑のせいか観客が少なかったような気がしました。

高文連写真展の作品提出締め切りも近づいているため、この夏休みが作品制作のための撮影のピークになります。

 


 

 

この日参拝すれば四万六千日参拝したことになるといわれ、無病息災、家内安全を祈祷する法要が行われる。

火渡りもその法要のひとつとして行われるのだが、多くのアマチュアカメラマンが訪れる有名な行事である。

 


 

6/16 四国カルスト大野ヶ原と久万高原町の天文台へ行ってきました。

四国カルストは初夏の自然を撮影し、夕景も撮る予定だったのですが、途中から雨となり、急遽久万高原町の天文台にて星空撮影を行いました。

カルストの牛たちは全く人を怖がらないため、なかなかいいアングルの写真が撮れました。

天文台からの撮影は満天の星空の美しさに部員全員充実した撮影ができました。

 

 

 


 

5月26~27日1泊2日で青少年ふれあいセンターにて生徒技能講習会に参加してきました。

愛媛県下の写真部員が一堂に会して、プロの写真家の講義やキヤノンの最新のカメラを使った実技講習などをしていただきます。午後は他校生との交流会と公開審査が行われ、本校写真部員も2名入賞を果たしました。翌日はとべ動物園にて実技講習が行われ、有意義な2日間でした。

 

 

 


 

新緑の撮影に滑川渓谷に行ってきました。天候にも恵まれ美しい緑とさわやかな渓流の撮影ができました。

帰りに写真部の年間テーマである「SHIGENOBU」の源流を求めて上流まで行きました。除ケの堰堤にはこいのぼりが元気に泳いでいました。

 

 

 


 

4月2日~3日香川に撮影に行ってきました。

2日は桜の名所紫雲出山で海と桜の美しいコントラストを撮影

夕方には日本のウユニ塩湖と言われている父母が浜の美しい砂浜と夕日を撮影しました。

3日は四国にある古民家を集めてたといわれている四国村と満濃池公園のフラワーフェスティバルに行きました。

 

 

 




<平成29年度活動>

 

3月25日 春を求めて南予地区にまで足を伸ばしました。

内子町のしだれ桜、五郎の菜の花畑、八幡浜の日土小学校〔重要文化財〕、遊子の段畑とさまざまな場所で春を感じてきました。来年度の写真甲子園に向けていい撮影ができました。

 

 


 

3月10日に七折梅園とくままちひな祭りの撮影に行ってきました。七折梅園は15000本の梅が植えてある四国有数の梅園です。当日はイベントもあり多くの人でにぎわっていました。

 

くままちひな祭りは今年で4年目になる久万高原町のイベントです。商店街に多くの雛人形が飾られてあり、町の人たちも気さくに話しかけてくださり町そのものがあたたかい雰囲気でした。

最後に塩屋海岸で夕景を撮影しました。

 

 

 


 

高文連写真展の表彰式

2月4日 高文連写真展の表彰式が愛媛県美術館でありました。本校からは3名の部員が奨励賞をいただきました。

 

 

 


 

 

第30回愛媛県高等学校文化連盟写真展

1月31日~2月4日まで愛媛県美術館南館で行われる高文連主催写真展の審査が14日(土)に行われました。本校写真部は7名中3名が奨励賞を受賞しました。今回は応募点数が例年の1.5倍の324点の中から最優秀1点、優秀3点、奨励28点が選ばれました。

 

 題名「足は口ほどにものを言う」

 

 題名「隙間の天使」

 


 

1月5日 愛媛新聞社へ「読者の写真」年間優秀者の作品展を見学に行きました。

アマチュア写真家の方々の力作を拝見し、とても勉強になりました。

 

 

 


 

写真部年間プロジェクト「SHIGENOBU」

テスト最終日5日の午後から重信橋下の公園にて撮影。あいにくの曇り空でしたが、ススキや木々の様子を撮影しました。これからも重信川周辺の四季の移り変わりを紹介していきます。

 

 


 

11月18日、19日と愛媛県美術館にて高文連写真展が開催されました。

今回は入賞することができませんでしたが、今後も様々なコンテストに出品して入賞目指して頑張ります。

 

 


 

西山興隆寺(通称もみじ寺)に紅葉を撮影に行きました。

静かな佇まいの寺院と真紅の紅葉はとても風情があってよかったです。お寺の方と仲良くなりほら貝を吹かせていただいたり、観光客の方から撮影の依頼を受けたりお遍路さんとお話をしたり、いろいろな方と触れ合うこともできました。その後、近くのタオル美術館でイルミネーションの撮影もしました。夕景に映えるイルミネーションはとても幻想的ですばらしかったです。

 

 


 

11月4日、四国カルスト大野ヶ原に黄金のすすきと夕景と満天の星空を撮影に出かけました。

あいにくの曇り空で当初の目的を達成することはできませんでしたが、高地特有の重く垂れ込めた雲と山並みのしのぎあいや水墨画のような山々は撮影できました。コンビニも何もない山頂では外気温2度の中、みんなで肩を寄せ合ってラーメンを食べました。

 

 


 

10/25  写真部活動 塩屋海岸の夕日
重信川流域の撮影で放課後に河口の塩屋海岸に行ってきました。ちょうどダルマ夕日が見られました。

 

 


 

 10/20 愛媛県花きセンターへ行きました。

あいにくの雨で途中で撮影を中断しましたが、季節の花が多く咲いていました。

 

 


 

10/8 写真部撮影会 双海町Tシャツアートフェスティバル~下灘駅~肱川嵐展望台の夕日

毎年双海町のシーサイド公園でTシャツアートフェスティバルが行われています。海と空の青に映える白いTシャツを撮りたくて行ってきました。

 

 

次に全国的に有名な下灘駅に行きました。こちらは夕方4時頃だったのですが、日曜日と言うこともあり、かなり多くの人たちで賑わっていました。

 

 

最後に夕日を撮りに長浜町の肱川嵐展望台に行きました。ここから見た夕日は最高にきれいでした。

 


 

9/30 撮影会
今回は窪野町彼岸花群生地、砥部町梅野精陶所、見奈良のコスモス畑に行ってきました。

 

 


 

9/28 写真部年間プロジェクト「SHIGENOBU」始動。

2学期から来年の中央祭に向けて、写真部は新たなプロジェクトを立ち上げました。
それが「SHIGENOBU」です。
学校の隣に流れている重信川の流域の自然やそこに暮らす人々をカメラに収めていきます。
四季それぞれの移り変わりや人々の姿を撮影することで、今まで見逃されていた重信川流域の自然やそこにある様々な問題点を写真を通して発掘していこうと考えています。
   
今回はその第1回目として台風18号の傷跡の残る重信川に撮影に行きました
泥まみれの川岸の汚泥の中に真っ赤な彼岸花が咲いていました。その生命力の力強さに魅入られ、多くの写真を撮りました。

 

 


 

プロジェクト「SHIGENOBU」の第2弾

今回は中川原橋からの夕景

 

 

 


 

9/21 中央祭  

写真部写真展の様子  今回は体育祭のスライドショーも上映しました。

 


 

8/20 高文連写真教室に行ってきました。

大洲のポコペン横丁、臥龍山荘にて撮影をしました。今回はモデル撮影会ということで大洲農業の生徒が浴衣姿でモデルになってくれました。帰りに五郎のひまわり畑に寄り、ひまわり畑の中での撮影も行いました。夏らしいいい写真が撮れました。

 

 


 

5/27-28 高文連写真講習会に参加しました。

写真撮影の基礎やカメラの仕組みなどを教わり、午後からは他行の写真部員たちと交流会もあり、とても勉強になりました。