お知らせ

<<   クッキング部   >>

 

 

クッキング部は、毎週火曜日と金曜日の放課後に食物教室で活動しています。4人程度のグループ活動で、献立は全班共通の場合と自由の場合があります。お菓子作りが中心になりますが、調理の基本を身に付けるべく、きゅうりの半月切りテストや技術検定への挑戦、パンやピザ、日常食、お弁当を調理することもあります。

また、スイーツ甲子園出場に向けてオリジナルスイーツを研究したり、中央祭では大量の手作りクッキーを焼いて、みなさんに販売させていただいたりもしています。部活動を通して、手作りの楽しさや、おいしいものを食べることの幸せを感じながら、技術の向上と衛生管理、食の大切さを学んでいます。

 

 

 




<<平成29年度活動>>

 

3月17日(土)、松山市三津ふ頭の市公設水産地方卸売市場で、真鯛を使ったオリジナル料理を競う「一嘗三嘆(いっしょうさんたん)魚料理王選手権」が行われ、クッキング部の2年生3名が出場し、優秀賞(2位)をいただきました。(調理時間1時間)

まずは、鯛を3枚おろしにするところから、スタート。鯛の味や香り、風味を生かすために、鯛のアラをあぶり、大葉、ゆず、にんにくを使いました。当日はほぼ時間内に完成。味も盛りつけもバッチリの仕上がりとなりました。

 

 

 

 

 

チーム:鯛girls  メニュー:鯛団子のスープ、鯛クリームコロッケ、鯛と大葉のパスタ

 

 

 

 


 

クッキング部の2学期の活動状況をお伝えします。

2学期は、中央祭へ向けての大量なクッキー作りからスタートしました。その後は、生徒たちの希望により、たこ焼き、チーズケーキ、ブラウニー、生チョコタルト、シフォンケーキ、ガトーショコラ、グラタン……等など、限られた時間の中で、楽しく美味しく活動することができました。

 

 

食物調理技術検定への挑戦も継続中です。

4級は、きゅうりの半月切り(厚み2ミリ以内)を30秒で50枚以上が目標です。

3級は、「魚のムニエル、にんじんのグラッセ、さやいんげんのソテー」を40分で調理します。また、現在2年生は「魚料理王選手権」にも応募中です。冬休み中は、ご家庭でのお手伝いの機会が増えることを願っています。

 

 


 

 

 

クッキング部の活動状況をお伝えします。1学期は、基本のスポンジケーキやパン作り等が中心でした。

 


 

3年生は、3年間の集大成として、自由制作を行いました。


食物調理技術検定への挑戦もしており、新入部員はきゅうりの半月切りを自主練中です。


また、2年生はスイーツ甲子園出場に向けて何度もオリジナルスイーツの創作を行いました。

予選通過はかないませんでしたが、創作中はお互いに励まし合い、笑顔が絶えませんでした。

 

 

作品名「Presents for Children」 チーム「スイートトリオ」

 

 

今年のコンクールのテーマは「クリスマス」でした。スポンジケーキを土台に、抹茶・ハニーレモン・ストロベリーの3色ムースでケーキを構成し、雪の日に、サンタクロースが村の子どもたちへプレゼントを持ってきた場面を表現しました。

 

 

 


 

<< これまでの活動 >> 

 

 

◎第7回貝印スイーツ甲子園中国四国ブロック大会 in広島府中

 

 

 

 

作品名:『 Hospitality 』 チーム:「クリームミルフィーユ」 
写真提供:貝印スイーツ甲子園公式Webサイト(過去大会)より

 

 

 

8月4日(月)イオンモール広島府中内にあるクッキングスタジオで、第7回貝印スイーツ甲子園中国四国ブロック大会が開催され、1次予選を通過した生徒3名が出場しました。(平成26年度)

 
練習ではなかなか時間内に完成しませんでしたが、大会当日はその成果を十分発揮し、予定より10分早く完成!生徒たちに笑顔が戻りました。本当によく頑張りました!!

どんな人でも、最後までおいしく食べてもらえるケーキを目指しました。
側面にはハート模様のビスキュイ。レモンムースと桃入りマンゴームースをスポンジで挟み、一番上はホワイトチョコレートでコーティング。レモン風味のさっぱりとした味わいにしました。アイシングをしたハートのサブレと、チョコレートで作った花やリボンで、おもてなしの心を表現しています。

 

残念ながら優勝はできませんでしたが、今の自分たちが持つ精一杯の力を出し切って、最後まで完成させることができ、達成感で一杯です。他校作品のクオリティの高さに刺激されながら、楽しく、充実感を持って参加することができ、大満足の大会となりました。