メインメニュー
学校案内
在校生、保護者むけ
卒業生むけ
企業様むけ
その他
創立30周年記念ページ

【 連絡 】

・奨学金について

 


ヽ惺擦らのお便り

学年便り・・・1年(4月5月6月7月8月9月、)

        2年(4月5月6月7月8月9月10月、)

        3年(4月5月6月、7月、8月9月、)

保健だより・・・4月5月6月夏号9月10月

図書だより・・・4・5月6月7月9月10月

相談室より・・・4月5月6月7月9月

 

 

 


○過年度(平成28年度)

学年便り・・・1年(4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月、)

        2年(4月5月6月8月9月10月11月12月1月2月3月

        3年(4月5月6月7月10月12月1月2月、)

保健だより・・・4月5月、 、6月号夏休み、 9月10月11月12月1月2・3月号

図書だより・・・4・5月6月7月9月10月11月12月1・2月

相談室より・・・4月5月6月7・8月9月10月11月12月1月2月3月

 

 


緊急連絡

 

暴風の為休校など緊急に連絡することがありましたら、「緊急連絡版」に情報を更新します。

必ず、以下サイトを登録しておいてください。なお、緊急災害時における登校については以下を参照ください。

 

松山中央高校 緊急連絡サイト

 http://matsuyamacentral.blue.coocan.jp/

 


6杁涅匈音における登校について

 

1 気象警報・注意報発令時の登校については以下のように対応する。
(1)開校日
  登校前において、松山地方気象台から松山市、もしくは居住市町に「暴風警報」、または「暴風雪警報」が

  発令されている場合は、生徒は登校準備をして自宅待機とする。

  なお、松山市に発令されている上記の「警報」が解除、または継続された場合の対応は次のとおりとする。

○ 正午(12:00)までに解除された場合は、実施可能な時限からの授業等を行うので松山市、及び上記の

  「警報」が  発令されていない市町に居住する生徒は安全に十分配慮して登校する。

  ただし、災害状況等により登校が困難な場合は、学校に連絡をする。

○ 正午(12:00)の時点で継続して発令されている場合は、「臨時休校」とするので生徒は自宅で学習する。


(2)土曜ゼミ及び長期休業中ゼミ
  午前7時の時点で松山地方気象台から松山市に「暴風警報」、または「暴風雪警報」が発令されている場合は、

  ゼミを中止する。居住地が松山市以外の生徒は、ゼミが実施されている場合であっても、居住市町に上記の

  「警報」が発令されている場合は、登校しない。


(3)休業日の模擬試験
  午前7時の時点で松山地方気象台から松山市に「暴風警報」、または「暴風雪警報」が発令されている場合は、

  翌日に順延する。ただし、翌日が開校日の場合は、後日実施する。居住地が松山市以外の生徒は、模擬試験が

  実施されている場合であっても、居住市町に上記の「警報」が発令されている場合は、登校しない。

(4)休業日の部活動
  松山地方気象台から松山市に「暴風警報」、または「暴風雪警報」が発令されている場合は実施しない。

  居住地が松山市以外の生徒は、部活動が実施されている場合であっても、居住市町に上記の「警報」が

  発令されている場合は、登校しない。

  ※「暴風警報」、「暴風雪警報」以外の各種「警報」及び「注意報」が発令されている場合は、安全に十分配慮して登校する。


2 松山市、もしくは居住市町に各種「特別警報」が発令されている場合や大地震・津波等の大災害が起こっている

  場合は、自身及び家族の安全確保を最優先し、自宅等で待機する。可能であれば学校に連絡をする。


3 その他の災害や事故が発生した場合は、各自が状況を的確に判断し、登校可能な状態であれば、安全に十分

  配慮して登校する。

4 公共交通機関を利用して通学している生徒で、公共交通機関が災害や事故で不通、またはストライキ等で

  利用できない場合は、他の交通手段を確保し、安全に十分配慮して登校する。

  ただし、他の交通手段が確保できない場合や、安全に登校できない場合は自宅待機とし、学校に連絡をする。

  ※原則として学校への問い合わせはしない。

  PDFファイルは、こちらをClickしてください。

 

 

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 愛媛県立松山中央高等学校