2019年7月の記事一覧

応急手当講習会(2年生医療看護系コース)

7月26日(金)9:00~12:00、松山市南消防署の救急隊員4名に来校していただき、2年生医療看護系コース35名が体育館において、応急手当講習会を受講しました。松山市の救急医療体制や応急手当の幅広い知識だけでなく、胸骨圧迫やAEDの実技演習を通じて、実践的な理解を深めることができました。

授業改善推進事業の講演会を行いました。

本校は令和元年度高等学校授業改善推進事業の推進校となっています。

その事業のひとつとして「PDCAサイクルの構築とルーブリックについて」

というタイトルで、株式会社ベネッセコーポレーション西日本教育支援推進部

中四国支社学校担当責任者の山口礼莊様に講演を行っていただきました。

講演では、教育改革に関する情報の整理と、PDCAサイクルの構築とルーブ

リックについての県外の学校の取組事例の紹介をしていただきました。

本校の先生方に加え、27名の県内の高等学校の先生方も参加され、大変有意義な

講演会となりました。

ゼミやってます。

一学期が終わりましたが、生徒たちは、自分の進路実現のためにゼミ頑張ってます。

 

暑い日が続きますが、しっかりと将来をみつめて日々努力を続けていきましょうー

 

Global Classmates Summit 2019

3年英語系コースの二宮くんが、7月23日からGlobal Classmates Summit 2019に参加しています。

Global Classmatesは、昨年度二学期から三学期にかけて、英語系コース全員で取り組んだプロジェクトです。半年間米国バージニア州のOcean Lakes High Schoolとオンラインで交流し、身近な話題から文化的なことまで色々なトピックについて話し合ったり、実際にプレゼントの交換をしたりと、様々なミッションを通して友情と語学力、幅広い視野を育むことができました。

その活動が活発で意欲的であったことが認められ、書類、ビデオインタビュー等の選考を経て、中央高校の代表として二宮くんが今年度のGlobal Classmates Summitに参加しています。日本側から6名、アメリカ側から6名、計12名の高校生が米国ワシントンD.C.に集合し、文化的交流やさらに複雑で多岐にわたるトピックに取り組み、グローバルリーダーになる資質を養い、それぞれの場所へ持ち帰ります。

23日からの東京での事前研修と表敬訪問を経て、いよいよ25日にアメリカへ出発します。

たくさん学んで、多くのものを持ち帰ってくださいね!気を付けて、いってらっしゃい!!

(画像はKAC facebookページよりお借りしました。)

(正面玄関上には代表選出を讃える看板が掲げられています。)