5/21 1学年遠足  坊ちゃん劇場観劇

5月21日月曜日 1年生は中間考査明けのこの日、遠足を兼ねて坊ちゃん劇場に観劇に行きました。

演目は「よろこびのうた」で、徳島県において、日本で初めてベートーヴェンの第九『歓喜の歌』が歌われた史実を元に、ドイツ人捕虜と日本人との交流、葛藤、対立、和解を描いた、現在(いま)に通じる愛と平和のエンターテイメントです。

役者の方々の熱演に私たちも引き込まれ、とても豊かないい時間を過ごさせていただきました。

お昼は重信川河川敷にてお弁当を食べましたが、日陰もなくこの日は快晴で、生徒たちの健康が心配でしたが、全員元気に終えることができました。