イングリッシュ・デイ

6月6日水曜日にイングリッシュ・デイが行われました。

本校ALTのステファニー先生、そして、県下から6名のALTの先生が204・305の英語系の生徒たちに、英語で興味深い様々な授業をしてくれました。

メラニー先生(松山西中等教育学校) メディアリテラシーについて

ザキエル先生(今治北高等学校) スカミュージックについて 

  *ジャマイカを起源に持つ音楽のジャンル 日本では東京スカパラダイスオーケストラが有名です

ホセ先生(今治東中等教育学校) ピニャータの歴史について 実際にピニャータを作りました

  *メキシコや他の中・南米の国の子供のお祭り(誕生日など)に使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のこと

デリック先生(松山商業高等学校) 進化論をゲームで体験しよう

テイヤ先生(松山東高等学校) ネイティブアメリカンの歴史について

イマニ先生(北条高等学校) 人種的多様性について考えよう

 

 非常に興味深く楽しい授業ばかりでした。 ALTの先生方本当にありがとうございました。

 

 英語系の生徒たちはこの日は一日英語で過ごしました。もし、日本語を使ってしまったら、顔にシールを貼られてしまいます。

しかし、生徒たちは、ペアワークやグループワークを通し、自らの意見をペアやグループ、そしてクラスでシェアする作業を楽しんでいたと思います。使用言語が英語であるので、四苦八苦していましたが、時にはジェスチャーを交え、なんとか伝えようとする一生懸命な姿が印象的でした。 自らの意見を述べ、他の生徒の意見を聞き、それに対し受け答し、考えを深めていくアクティブ・ラーニングを楽しみながら行うことができました。笑顔が絶えない非常に良い体験になりました。 

閉会式後の305集合写真です。

204の集合写真です。

授業風景です。

授業風景です。

ピニャータを作っています。

ALTの先生と昼食です。

昼食です。