文芸部7月活動報告

文芸部7月活動報告

7月7日に「第三十回お~いお茶新俳句大賞」の発表があり、応募数「高校生の部」(807351句、1051校)の中で、昨年の卒業生1名に続いて3名の部員の以下の俳句が「佳作特別賞」に入選しました。 

梟の予兆の如く北を視る     3年生 山下 塔矢  

蕗味噌と遠くの母の着信音    2年生 坂上 陵也  

寒林を映すガラスに赤子の手   2年生 菊地 祥衣 

※俳句創作に興味のある人は、いつでも部活動を見学に来てください。