カテゴリ:学校の様子

今年度の生徒会テーマ

今年も、生徒会活動のテーマが体育館の外壁に色鮮やかな看板で掲げられました。今日は、それを紹介したいと思います。

今年度のメインテーマは「頂(ITADAKI)」です。

体育館西側(グラウンド側)には、運動会テーマ「Creating Our Passion for Ourselves -私たちだけの情熱を-」が掲げられています。

生徒が情熱を燃やして、全力で取り組むのが本校の運動会の特徴ですが、今年はどんな熱い情熱を見せてくれるのでしょうか。今日は、今後のグループ活動を進めていく、各グループ及びホームルームのリーダーのための研修会も行われます。どんな運動会になるか、今から楽しみです。

 

また、体育館東側(校舎側)には、中央祭(文化祭)テーマ「The Future has Already Begun -未来はすでに始まっている-」が掲げられています。

昨年も大いに盛り上がった中央祭でしたが、今年はそれらを上回るステージ発表や企画・展示を創り上げて、自分たちの時代にふさわしい、そして自分たちの未来を予感させる中央祭にしてください。

 

これらのテーマはすべて本校生が考えたもので、今年度は2年生と1年生の作品が採用されました。

いずれの看板にも、創立30周年記念キャラクターの「Challenge Bird カワみん」が描かれ、本校生の活動を温かく見守ってくれています。

 

県総体壮行会

全校集会にて、今週末から開催される愛媛県総合体育大会に出場する選手への壮行会を行いました。

入賞目指して頑張れ!中央生!!

 

 

修学旅行日記(関東班:4日目)

今日の昼食では、「もんじゃ焼き」をいただきました。

初めての人も多かった「もんじゃ焼き」ですが、みんな上手に焼いて食べてました。

 

その後、「お台場散策」をして、羽田空港に向かいました。

羽田空港での解団式では、生徒代表の挨拶もありました。

「ずっとここにいたい」という声とともに、「早く帰って家のご飯が食べたい」、「家のベッドで寝たい」という声も多く聞こえてきました。

 

羽田空港の出発が若干遅れ、松山空港には18:43に到着し、全員無事に帰ってきました。

お迎えに来ていただいた保護者の方と一緒に、沢山のお土産を抱えて、それぞれの家庭へと帰って行きました。

 

これで関東班の修学旅行日記は終わりです。無事に行程を終えることができ、本当によかったと思います。参加生徒の皆さんは、この4日間の経験をこれからの学校生活に生かしてください。

添乗員さんをはじめ、関係者の皆さん、本当にお世話になりました。そして、素敵な思い出をありがとうございました。

 

修学旅行日記(沖縄班:4日目)

那覇空港出発ロビーで、解団式を行いました。

松山空港に予定より少し早く15:15に到着し、解散しました。

 

今回の旅行では、現地の方々の優しい心遣いのおかげで、充実した研修をすることができました。平和学習にはじまり、マリンスポーツや自然環境などの各種体験、ガイドさんや担当の方々からのお話等による文化理解など、改めて沖縄の良さに触れることができました。

 

沖縄班の修学旅行日記はこれで終わりです。天候にも恵まれ、全員が無事に帰ってこられて、本当によかったと思います。関係者の皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

修学旅行日記(シンガポール班:5日目)

昨日の自主研修、マリーナベイサンズ展望台からの絶景、非常に有意義な時間となりました。

シンガポール大学の学生(日本語専攻の学生)からは、シンガポールの街を案内していただきましたが、旅行雑誌には載っていないようなスポットも教えてもらうなど、大変有意義な時間となりました。

そして、マリーナベイサンズからは、マリーナ全体を一望できる展望台に上りとてもロマンチックな時間を過ごすことができました。地上200mからの夜景は言葉には代えがたいものがありました。

 

松山への帰路途中、石鎚サービスエリアで、5日間の旅を通して、それぞれが感じたこと学んだこと反省すべきところ、そして準備から含めて、この旅が成功するまでに多くの方々のサポートがあったことへの感謝の気持ちを感じながら、解団式を行いました。

 

今回の5日間で本当に多くのことを学ぶことができました。
今回学んだことを、ぜひ今後の人生に生かしてもらいたいと思います。

 

これで、今年のシンガポール班の修学旅行日記は終わりです。この修学旅行でお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。